E-Kit 電子工作 Electronic Toys, Devices and Circuits
電子工作と電子おもちゃのサイト

Produced by Keio University, Takefuji Lab
Device Drivers Limited
Tokyo Japan
製品情報一覧
一覧から注文
ダウンロード
開発情報
e-kit とは?

XPortの販売ページ

LANTRONIX社XPort関連情報

あくまでも参考情報ですので、動作を保障しているわけではありません。実施に際しては、ご自身の責任で行って頂きますようお願い致します。


DeviceInstallerについて

XPortを使用する場合には通常、標準ファームウェアを使用します。標準ファームウェアには様々な機能がありますが、Windows上で操作してファームウェアの設定や、XPort上のユーザ領域にプログラム、データや、Webコンテンツなどを転送するアプリケーション・プログラムが「XPort用DeviceInstaller(デバイスインストーラ)」です。DeviceInstallerは、サンプルCD内にも入っていますが、ここでは従来のV1.x系ファームウェアでLANTRONIX社のサイトからダウンロードしたV3.6を使用したインストール、設定方法を説明します。

2006年2月に、XPort用の新しい標準ファームウェア(V6.1)と、それに対応したXPort用の新しいDeviceInstaller(V4.1)がリリースされましたが、これらの新しい新しいファームウェア(V6.1)とDeviceInstaller(V4.1)を使用する場合には、次項のような問題があるため、継続してV3.6の従来のDeviceInstaller(デバイスインストーラ)に関する情報を掲載します。

※最新のDeviceInstallerやファームウェアは、以下のLANTORONIXのサイトからダウンロード可能です。

LANTORONIXのダウンロード・サイト

新しいファームウェア(V6.1系)とDeviceInstaller(V4.1系)の問題点

  • 新しいファームウェア(V6.1)の問題点
    1. 新しいファームウェアV6.1系(6.1.x.x)では、本体だけでFlash ROM領域を従来までの1ブロック(64MB)の2倍の容量を使用するため、ROM領域を最大限に利用する場合には、ユーザが利用可能な領域が少なくなります。
    2. 新しいファームウェアV6.1系(6.1.x.x)で、Webブラウザからの設定をサポートするWebマネージャは、従来までの1ブロック(64MB)の3倍の容量(3ブロック分)を使用するため、ユーザが利用可能な領域が少なくなります。
    3. 従来のファームウェアで動作しているXPortに2ブロック分のROMを使用する新しいファームウェアをインストールするためには、tftpを使用した少し面倒な更新手順を実行する必要があります。
    4. 新しいファームウェアV6.1系(6.1.x.x)で利用することが推奨されている新しいDeviceInstaller(V4.1)には、次のような問題点があります。
  • 新しいDeviceInstaller(V4.1)の問題点
    1. DeviceInstaller V4.1系(4.1.x.x)では今まで通り、FlashROMへのファイル転送は可能ですが、DeviceInstaller単体でXPortファームウェアの設定をする機能が無くなりました。
    2. ファームウェアの設定にはそのため、XPort内に搭載の従来の3倍の大きさを持つWebマネージャにWebブラウザからアクセスするか、telnetでログインして設定するしか方法がありません。
    3. 特にtelnetではConfigurablePINの設定ができないため、XPortのWebマネージャにアクセスできない場合には、ConfigurablePINの設定を変更することができません。

※最新のDeviceInstallerとファームウェアの入手と、アップデート方法は以下に掲載していますす。

新ファームウェアとDeviceInstallerの導入

XPort用DeviceInstaller V3.6の実行環境

LANTRONIX社製XPor評価ボード、弊社製XPEVAボード、あるいは前記自作のボード等で、XPortを使用するためには通常、使用する各XPortで以下のような設定をする必要があります。

  • IPアドレス、NETMASK等のTCP/IP設定
  • 通信速度、パリティ等のシリアルポートの設定
  • GPIOの使用方法の設定
  • (必要があれば)ファームウェアの更新、htmlファイル、 画像ファイル、Javaアプレットの転送

これらの設定は、他の方法でも行う事ができますが、通常はWindowsマシンで「XPort用DeviceInstaller」を実行して行います。DeviceInstallerの実行には、以下の環境が必要です。

  • Windows 2000 または、Windows XP, Windows Server 2003の動作する環境(最新の「XPort用DeviceInstaller」では、XPSP2, Server2003SP1にも対応済み)
  • Java (VM) ランタイム環境(Windows XP, Windows Server 2003では、標準でインストールされていないので、別途インストールする必要があります)
  • .NET Framework(Windows 2000では、標準でインストールされていないので、別途インストールする必要があります)

Java(VM) ランタイム環境がインストールしてない場合には、Sun等からJavaの実行環境をインストールしておきます。(Java VM付のOperaNetscape等を代わりにインストールしても構いません)

.NET Frameworkは、Windows Update等で最新のものに更新しておいた方がいいでしょう。


XPort用DeviceInstallerのインストールと設定

ダウンロードしたXPort インストーラ最新版を使用した、XPortの設定方法です。

  1. XPortテスト用回路を組み立てます。(XPEVAを利用する場合には、XPORTを直結するようにジャンパ・ピンを設定します)
  2. 上記条件のWindows 2000, XPマシンで、JAVAと、.NET Frameworkをインストールしてある環境を用意します。
  3. XPort用DeviceInstaller V3.6をダウンロードして適当なディレクトリに保管して置きます。
  4. ダウンロードしたファイルを場合は適当なディレクトリに展開してから「setup.exe」を実行して、DeviceInstallerをインストールします。(インストールには少々時間がかかります)
  5. XPortテスト回路に電源を入れて、LANケーブルを接続してNetoworkに接続します。うまく動作していれば、100Base-Tコネクタ横のLED(緑)が点滅後、点灯します。
  6. XPort Installerを立ち上げて、「Serach」をクリックします。
    立ち上げ時に複数のネットワーク接続がある場合には、XPortインストーラで使用するネットワークのLANカードを聞いてきますので、XPortと接続するインタフェイスを選択します。
  7. ネットワークに接続している全てのXPortデバイスを検索するので、該当のXPortに対して「Assign IP」をクリックして、IPアドレスを設定します。

  8. 必要に応じて「OEM Configurable Pins」の設定を変更して、「Update」をクリックします。上記サンプル回路の場合は、「OUT1」「OUT2」「IN3」となります。

XPortサンプルアプリケーションの転送とテスト

デバイスサーバ・テクニカルセンター掲載のサンプル・プログラムのインストールと動作方法です。

  1. デバイスサーバ・テクニカルセンターのダウンロードページから、XPort/WiPort用汎用I/O制御デモJavaアプレット(ソースコード付)をダウンロードして解凍します。
    (ダウンロードした中には、コンパイル、変換済のXPort用COBファイルが含まれていますが、ご自身でコンパイルや改造をする場合には、前述のJAVAアプレットの開発環境が必要です)
  2. XPort Installerを立ち上げて、「Serach」をクリックして、XPortのIPアドレス等の設定内容を確認します。
    立ち上げ時に複数のネットワーク接続がある場合には、XPortインストーラで使用するネットワークのLANカードを聞いてきますので、XPortと接続するインタフェイスを選択します。
  3. Upgradeをクリックして、「Device Upgrade Wizard」を立ち上げて、「Create custom installation by specifying indivsual fiules」をチェックし、「Next」をクリックします。

  4. 次に表示される、Select the firmware ... Firmware (ROM) File の画面では、何も入力せずに、「Next」をクリックします。
  5. 次の、You may copy files over to the device by specifiyng COB partiotions or indivisual files directory. の画面で、「Install files contained in COB partiotions」を選択します。

  6. 次の、To replace a COB partition, の画面では、使用していないPartitionをまず選択して、「Set Partition」をクリックします。


    ファイル入力ダイアログが表示されるので、ダウンロードして準備しておいたxpt_gpioctl.cobを指定します。


  7. Nextをクリックして、次の画面を表示されて、そのまま「Next」をクリックすればCOBファイルの転送が終了します。

  8. http://192.168.0.1/GPIOCtl.html というように、XPortのIPアドレスに割り当てたアドレスのGPIOCtl.htmlファイルをブラウザで表示させます「Update states」をクリックする事により、XPortのSWのステータスを読んだり、LEDの点滅を制御したりできるはずです。(以下参照)

「GPIOCtl.html」の表示例


株式会社デバイスドライバーズ
販売元 株式会社デバイスドライバーズ
東京都府中市若松町1-5-1-103 tel: 042-363-8294 fax: 042-363-8255
Copyright(c) 2004-2006 Device Drivers Limited & Yoshiyasu Takefuji, All rights reserved.