E-Kit 電子工作 Electronic Toys, Devices and Circuits
電子工作と電子おもちゃのサイト

Produced by Keio University, Takefuji Lab
Device Drivers Limited
Tokyo Japan
製品情報一覧
一覧から注文
ダウンロード
開発情報
e-kit とは?
XPEVA03: XPort+CygnalC8051F330評価ボード関連情報

あくまでも参考情報ですので、動作を保障しているわけではありません。
実施に際しては、ご自身の責任で行って頂きますようお願い致します。


プログラム開発環境


プログラム製作例: 温度計

C8051F330では、内部にADコンバータと接続した温度計を持っています。ここでは、XPEva(XPort+CygnalC8051F330評価ボード)の応用事例として、XPortを介してこの内部温度計の温度をJava Appletを使用して表示するプログラムを紹介します。C8051F330のプログラムは、コンパイル後、Cygnal純正開発キットUGPW等を利用して内蔵フラッシュROMにプログラムしておきます。

XPeva(評価ボード)のジャンパ・ピン設定

JP1-1 .. JP1-2
JP1-5 .. JP1-6
JP1-9 .. JP1-10
JP1-17 .. JP1-18
JP1-39 .. JP1-40

XPortの設定

次の内容は、Webブラウザから http://[XPortのIPアドレス]/ にアクセスして設定・変更します

  • Serial Port Settings
Flow Control ⇒ CTS/RTS (Hardware)

次の内容は、Lantronix XPort Installer 3.2 を使用して設定・変更します

  • OEM Configurable Pins
Pin 1 ⇒ CTS
Pin 3 ⇒ RTS

使用方法: Java AppletをサポートしているWebブラウザから次のページにアクセスします。

http://[XPortのIPアドレス]/temp.html

プログラムのダウンロード 動作画面


プログラム製作例: 照度計

XPEva(XPort+CygnalC8051F330評価ボード)を使用した簡単な工作事例として、CDS素子を使用して明るさを測る「照度計」の製作を紹介します。

XPeva(評価ボード)のジャンパ・ピン設定

JP1-1 .. JP1-2
JP1-5 .. JP1-6
JP1-9 .. JP1-10
JP1-17 .. JP1-18
JP1-39 .. JP1-40

XPevaへの追加ハードウェア

      CN4-1(VDD) ---- CDS(9P5-1/H) ---+
                                      |
      CN4-3(P00) ---------------------+
                                      |
      CN4-2(GND) ---- 抵抗(10K) ------+

XPortの設定

次の内容は、Webブラウザから http://[XPortのIPアドレス]/ にアクセスして設定・変更します

  • Serial Port Settings
Flow Control ⇒ CTS/RTS (Hardware)

次の内容は、Lantronix XPort Installer 3.2 を使用して設定・変更します

  • OEM Configurable Pins
Pin 1 ⇒ CTS
Pin 3 ⇒ RTS

使用方法: Java AppletをサポートしているWebブラウザから次のページにアクセスします。

http://[XPortのIPアドレス]/lx.html

プログラムのダウンロード 実際の素子を追加したボードの様子 動作画面(グレーの濃さで明るさを表現します)


XPEva(XPort+CygnalC8051F330評価ボード)の回路図(PDF) -- ご購入者だけダウンロード可能です

XPEVA最新版マニュアル

XPEVA-03 最新版マニュアル



株式会社デバイスドライバーズ
販売元 株式会社デバイスドライバーズ
東京都府中市若松町1-5-1-103 tel: 042-363-8294 fax: 042-363-8255
Copyright(c) 2002 Device Drivers Limited & Yoshiyasu Takefuji, All rights reserved.